島に住む。※ただし1泊2日



この体験について

瀬戸内海の島暮らし プチ移住しようぜ!

「見た事のない世界」「街とは違う生活」「出会った事のない人達」
体験せずに歩むべき道を決めてしまうのはもったいない!

ここで暮らす人々には独特の時間があります。
太陽と共に活動し、雨が降れば休めばいい。
道でばったり誰かに会えば、時間を気にせず話せばいい。

「のんびり暮らす」というよりは「無理せず暮らす」。
あなたのペースが、ここにあるかも。

今、中島が欲しているのは「島を元気にしてくれる力」。
島の問題に取り組み、島に活気をもたらし、そして何より島暮らしを楽しんでくれる人を求めています。

しかし、縁のない見知らぬ離島で突然生活を始めるのはなかなかハードルの高いことです。
そこで、まずは島での生活がどのようなものか体験していただき、島暮らしへのイメージを持っていただくためのワークショップを開催いたします。

※本ワークショップは( 公財 ) 日本離島センターの離島人材育成基金助成事業による助成を受けています


開催地域について

松山沖に浮かぶ中島は、瀬戸内海国立公園に属する忽那諸島のなかで最も大きな島です。
風光明媚な海岸線を結ぶ総延長はおよそ25キロ。瀬戸を吹き抜ける潮風と雨の少ない瀬戸内式気候が美味しい柑橘を育てるため、全国的にも有数の柑橘産地として知られています。

しかし時代とともに若者の島離れが進み、人口は3000人近くまで減少。そのうち55パーセントが65歳以上という超高齢化地域です。
後継者不足による耕作放棄地が増えた現在は、急傾斜の山沿いを中心に雑木林が増え、広島側から海を渡ってきたイノシシが繁殖して、残った畑に甚大な被害を与えています。

私たちNPO法人農音は、地元の主力産業である柑橘栽培や加工業などに従事する傍ら、他地域からの移住者が移住するために必要な住居、農地の確保、地域のネットワーク作りに励んでいます。

農音HP

ホスト
農音

農音は、首都圏で活動していたバンドマンたちが中心となって発足した「音楽と農業で地域を結ぶNPO」です。
昼は畑、夜はジャムセッション!

メールアドレス認証
電話番号認証
開催日時 随時受付
参加可能人数 10名
参加費用 ¥ 12,000 /人
子供(2〜12歳): ¥ 6,000 /人
幼児(2歳未満): 無料
スケジュール

現在、「島に住む。※ただし1泊2日」はイベント参加者の希望の日程、コンテンツに合わせたいとの思いから随時移住体験イベントとして開催しております(年末年始を除く)。
まずは島に来てやってみたいこと、見てみたいもの、知りたいこと等とご希望の日程をあわせてお知らせください。

主な移住体験内容、料金設定は下記の通りです。

〈料金メニュー/1人につき〉

1泊2日 12,000円(民泊、アテンド、基本コンテンツ2〜3)
2泊3日 18,000円(民泊、アテンド、基本コンテンツ4〜6)
日帰り 6,000円(アテンド、基本コンテンツ1〜3)

3泊以上の延泊
素泊まりアテンドなし 2,500円
基本コンテンツ1つごとに 1,500円

■基本コンテンツ
・空き家探訪 ・農作業
・石垣補修 ・釣り ・島巡り
・イノシシ解体
・天草寒天作り等

■有料コンテンツ
・釣り教室(半日)4,000円/回
・釣り具レンタル 1,000円/人
・漁業体験 4,000円/回
・さつま汁作り体験(魚代時価)/回
・BBQ 2,000円〜/人

持ち物について

様々なワークショップを予定しています。
汚れても良い服装でお願いします。

その他、注意事項

※島への到着時間関わらずこちらの料金設定です。料金には食事代は含まれておりません。民泊先の家族や移住者と食事をともにされるケースもありますがその場合は、食事代の実費負担や諸々のお手伝いをよろしくお願い致します。

※なお、万が一怪我や事故をされた時等の保険はこちらではご用意しておりません。必要な場合はご自身にてご用意をお願い致します。

※日程が決まった後のキャンセルについて
キャンセル料:
1週間前 無料
3日前から半額
がかかりますのでご注意ください。


この体験の写真一覧


PR/参考動画



レビューと感想

0    (0件)

まだレビューはありません


¥ 12,000 /人
予約リクエスト

場所/アクセス

 愛媛県松山市中島1-2-1

周辺地域の体験